ZBPブレーキ/ZBP WEB SITE

ストリートからサーキット走行まで対応出来るブレーキパッドのラインアップです。■当サイトをスマホでご覧の場合「PC版」でのご観覧を推薦致します。■

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

製品案内【HS3】

ZBP HS3

コントロール性最重視 
軽・中量車でのミニサーキット走行会最強モデル

■車検対応品
【適正温度域】 常温~700℃    
(安定性能発揮温度30℃~ 上限温度750℃)
【平均摩擦係数】 0.32~0.36
【材質】 ノンアスベスト ウルトラロースチール材
【価格】 前輪用¥12900 後輪用¥12500
(税込価格・送料別途)

※上記価格は
国産車標準ブレーキパッド用の価格です。
輸入車用とレーシングキャリパー用は¥16000 です。

※(注)輸入車用とレーシングキャリパー用では
一部の製品において規格外となり
個別のお見積りとなるモデルがございますので
事前に車種情報と共に価格の方をお問い合わせ下さいませ。

※(注)当方の製品はパッド残量センサーに対して非対応となります。
輸入車に多くみられるブレーキパッド残量警告機能付車の場合
室内の警告灯が点灯してしまう事で
車検等の審査に影響がございますので基本的には適応外となります。
(最下記の説明を参照)

----------------------------------------------------

軽量級車種のハイグリップラジアル及びSタイヤ使用での
ミニサーキット走行との相性がとても良くサーキット対応モデル
(HS3 HS4 HS4H)の中で最もコントロール性の高いモデルです。

ABSの作動が気になる方や作動しやすい車両、
ブレーキロックしやすいMR車などのフロント用、
BIGキャリパーや大口径ローターを組んだ
効きが強くなりがちなフロント用などに向いています。

もちろん効きと耐熱性においては十分なサーキットレベルで
ミニサーキットでの最速タイムに相当する走行にも十分対応出来ます。

スチール成分の使用を最小限に抑えローター攻撃性にも配慮した
モデルです。中・重量車種でも街乗り走行やローター攻撃性を
考慮に入れる場合、対応温度域内での使用であれば問題はありません。

サーキット対応モデル【HS3】【HS4】【HS4H】 共通基本コンセプト
Sタイヤ&ミニサーキットからフルサーキットでの使用に対応出来る
高温時の安定性、耐磨耗性、耐熱性、踏力に応じたリニアな反応、
高いコントロール性と抜群の効きは価格以上の性能をお約束致します。

ペダルタッチ感やペダル反応、レスポンスには
出来る限り気を配って設計しており
カチッとした剛性感のあるペダルタッチ、
踏力を緩めた時のリリース性の良さが
最大踏力付近でのブレーキコントロール性の高さに影響し
仮にロックさせた場合でもリカバリーしやすい事も特徴です。

また、初期レスポンス・ペダル反応の上げすぎによる
扱いにくさを対策し、ブレーキ操作がシビアになりすぎる事も無く
微妙なブレーキコントロールがしやすいモデルに仕上げてあります。

軽いブレーキングで抜けるコーナーや
ブレーキングで向きを変えるコントロール、
旋回ブレーキでの微妙な操作がしやすく
また、競い合いのフルブレーキング時でも
コントロールしやすく無理が利きます。

サーキット走行会~タイムにこだわった走り
まで対応出来ます。
競技車両やそれに近い仕様のお車では
上のランクにあたるハイスチール材
(当方の製品では HR1 HR2)
の使用がふさわしい場合もございますが
多くの場合はこちらのシリーズで対応出来ると思います。

また、街乗り走行においては
ブレーキノイズやダストが発生しやすい傾向となりますが
低温域でも良く効いて普通に使用可能です。

ブレーキダストは黒粉のさらっとした
清掃のしやすいタイプですが
金属成分を含みますので
放置せずに早めに落として頂ければ
ホイールへの汚れ固着も防げます。

-----------------------------------------------------
■輸入車用
パッド残量センサー付き車への対応について■

※当方の製品はパッド残量センサーに対して非対応となります。
輸入車に多くみられるブレーキパッド残量警告機能付車の場合
室内の警告灯が点灯してしまう事で
車検等の審査に影響がございますので基本的には適応外となります。

【センサー差込み式】
ポルシェ・BMW・ベンツ・FIAT(一部) など
残量センサーをブレーキパッドの切り欠きに差込み固定するタイプ。
センサー部分の脱着が可能ですので
当方の製品でパッド残量警告機能が生かせる車種もございますが
仕様の違いによる切り欠き部分の形状差により
センサーが取付け出来ない場合もございます。
その場合にはセンサー部分を車両側の差し支えない位置に
固定して頂く様な処置が必要です。
この場合、室内の残量警告灯は点きませんが
残量センサーとしての機能は働きません。

【センサー埋込み式】
VW・アウディ・アルファ・FIAT 他
残量センサー部分がブレーキパッドの摩擦材内に埋め込まれていて
センサーの脱着が出来ないタイプ。
当方の製品はセンサー埋込みタイプの設定はございませんので
車両側センサーのカプラー接続部分から先が外れた状態となり
室内のブレーキパッド残量警告灯が点灯してしまいます。
警告灯が点灯してしまうことにより、そのままでは
車検審査などに影響が発生し検査を受けられない可能性がございます。
警告灯を消すには別途処置が必要ですが
取付け店との打ち合わせが必要になります。

| 未分類 | 21:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zbp.blog.fc2.com/tb.php/2-8d74ba82

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT