ZBPブレーキ/ZBP WEB SITE

ストリートからサーキット走行まで対応出来るブレーキパッドのラインアップです。■当サイトをスマホでご覧の場合「PC版」でのご観覧を推薦致します。■

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

製品案内【HS1】

ZBP HS1

ストリート用ブレーキパッド 耐ダスト耐ノイズ
金属粉の出ないノンスチールパッド

■車検対応品
【適正温度域】 常温~450℃   
【平均摩擦係数】 0.27~0.30
【材質】 ノンアスベスト ノンスチール材
【価格】 ¥5500 (税込価格/送料別途)
※前輪用又は後輪用のみの価格です。

※上記価格は
国産車標準ブレーキパッド用の価格です。
輸入車用とレーシングキャリパー用は¥9900 です。

※(注)輸入車用とレーシングキャリパー用では
一部の製品において規格外となり
個別のお見積りとなるモデルがございますので
事前に車種情報と共に価格の方をお問い合わせ下さいませ。

※(注)当方の製品はパッド残量センサーに対して非対応となります。
輸入車に多くみられるブレーキパッド残量警告機能付車の場合
室内の警告灯が点灯してしまう事で
車検等の審査に影響がございますので基本的には適応外となります。
(最下記の説明を参照)

-------------------------------------------------------

街乗り走行での乗り易さと操作性を重視した設計
スポーツパッドとしての効きの良さはもちろんです。

国産車純正パッド以上の効きの強さ※ と
スポーティーなペダルタッチ感
扱いやすく快適なペダル操作感
※一部の限定車ではこちらのHS1よりも
効きが強いパッドが標準装着の車種もございます。

ZBPブレーキ全品の特徴である
ブレーキング初期から奥まで踏力に応じた
効きが出せる効力バランス
初期制動も十分です。
もちろんペダル奥までの絶対制動力においても
高速道路を含めての一般走行域で
十分な性能を保持しており
良く効いて安定した性能を発揮します。

効き方の特性は
癖の無い自然な効き方で
どなたでも扱いやすくご使用して頂ける材質設定です。

初期レスポンスを必要以上に上げすぎずに 自然なペダル反応と
ブレーキ踏力に応じた効きが出せる特性となっておりますので
このクラスのストリート走行向けスポーツパッドに多い
ペダル反応の上げ過ぎによる いわゆる「カックンブレーキ」になりずらく
街乗り走行渋滞時の頻繁なブレーキ操作でも
ブレーキペダルを軽く踏んだだけで強く効いてしまう様な事も無く
長距離ドライブでもストレス無く疲労度が少なめです。

環境面に配慮した耐ダスト耐ノイズ設計
ブレーキ鳴き、ブレーキ汚れの発生を
メーカー純正品並みに抑えてあります。

ブレーキノイズ・ブレーキダストの発生が極力少ない製品を
お求めの方に適しており
足元のドレスアップ派の方にもお勧めです。

低価格ながら最先端のノンスチール摩擦材を使用
鉄分を含まないノンスチールの複合摩擦材となりますので
ブレーキディスクに対しては
ローター攻撃性の面で とても優れており
又、アルミホイールに対しても
ブレーキパッドの摩擦材からは金属粉が出ませんので
汚れのサビ固着を防ぎ大事なアルミホイールを痛めません。
※ブレーキ粉には
ディスクローターが摩耗した金属成分も一緒に含まれておりますので
汚れの固着が全く発生しないという事ではございません。
長期間放置せずに清掃を行って下さい。

-----------------------------------------------------
■輸入車用
パッド残量センサー付き車への対応について■

※当方の製品はパッド残量センサーに対して非対応となります。
輸入車に多くみられるブレーキパッド残量警告機能付車の場合
室内の警告灯が点灯してしまう事で
車検等の審査に影響がございますので基本的には適応外となります。

【センサー差込み式】
ポルシェ・BMW・ベンツ・FIAT(一部) など
残量センサーをブレーキパッドの切り欠き部分に差込み固定するタイプ。
センサー部分の脱着が可能ですので
当方の製品でパッド残量警告機能が生かせる車種もございますが
仕様の違いによる切り欠き部分の形状差により
センサーが付けられない場合もございます。
その場合にはセンサー部分を車両側の差し支えない位置に
半固定して頂く様な処置が必要です。
この場合、室内の残量警告灯は点きませんが
残量センサーとしての機能は働きません。

【センサー埋込み式】
VW・アウディ・アルファ・FIAT 他
残量センサー部分がブレーキパッドの摩擦材内に埋め込まれていて
センサーの脱着が出来ないタイプ。
当方の製品はセンサー埋込みタイプの設定はございませんので
車両側センサーのカプラー接続部分から先が外れた状態となり
室内のブレーキパッド残量警告灯が点灯してしまいます。
警告灯が点灯してしまうことにより、そのままでは
車検審査などに影響が発生し検査を受けられない可能性がございます。
警告灯を消すには別途処置が必要ですが
取付け店との打ち合わせが必要になります。

| 未分類 | 01:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zbp.blog.fc2.com/tb.php/6-a3666c64

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT