ZBPブレーキ/ZBP WEB SITE

ストリートからサーキット走行まで対応出来るブレーキパッドのラインアップです。■当サイトをスマホでご覧の場合「PC版」でのご観覧を推薦致します。■

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

製品案内【HR1】【HR2】

ZBP HR

サーキット専用モデル
レースカー&
競技レベル車両向けのハイスチールパッド
【HR1】&【HR2】
競技レベルでの高温・高負荷対応モデル


※HR1とHR2はフロント又はリア別、
車種やキャリパー別によって価格が異なります。

【HR1】
【適正温度域】 80℃~800℃  
(安定性能発揮温度100℃~ 上限温度800℃+)   
【平均摩擦係数】 0.40~0.45   
【材質】  ノンアスベスト ハイスチール材    
【価格】 税込価格
国産車標準キャリパー用
フロント¥17000 リア¥16000
純正ブレンボキャリパー用
フロント¥18500 リア¥17500
レーシングキャリパー用
¥18500
輸入車用
¥18500
※当方の製品はパッド残量センサーに対して非対応となります。
輸入車に多くみられるブレーキパッド残量警告機能付車の場合
室内の警告灯が点灯してしまう事で
車検等の審査に影響がございますので基本的には適応外となります。
(最下記の説明を参照)
特別キャリパー用
¥お問い合わせ下さい。
35GTR用や輸入車6POT以上の大型キャリパー用は
規格外となり 別途、個別のお見積りとなります。
---------------------------------------------------
【HR2】
【適正温度域】 80℃~850℃  
(安定性能発揮温度100℃~ 上限温度850℃+)   
【平均摩擦係数】 0.42~0.46   
【材質】  ノンアスベスト ハイスチール材    
【価格】 税込価格
国産車標準キャリパー用
フロント¥17500 リア¥16500
純正ブレンボキャリパー用
フロント¥19000 リア¥18000
レーシングキャリパー用
¥19000
輸入車用
¥19000
※当方の製品はパッド残量センサーに対して非対応となります。
輸入車に多くみられるブレーキパッド残量警告機能付車の場合
室内の警告灯が点灯してしまう事で
車検等の審査に影響がございますので基本的には適応外となります。
(最下記の説明を参照)
特別キャリパー用
¥お問い合わせ下さい。
35GTR用や輸入車6POT以上の大型キャリパー用は
規格外となり 別途、個別のお見積りとなります。

----------------------------------------------
サーキット用ハイスチールパッド【HR1】【HR2】
共通基本コンセプト 製品説明


効き・耐熱性を最も重視した材質の
競技用ブレーキパッドです。

当社【HS3】【HS4】【HS4H】を含めての
各社サーキット対応モデル(ロースチール材)
よりも 効き・耐熱性 共に上をいく
ハイスチール材での材質構成です。
耐久性(耐摩耗度)においても【HS4H】より優れています。

このクラスの製品の中では
初期レスポンス・ペダル反応の上げすぎによる
扱いにくさを対策し、ブレーキ操作がシビアになりすぎる事も無く
微妙なブレーキコントロールがしやすいモデルに仕上げてあります。

軽いブレーキングで抜けるコーナーや
ブレーキングで向きを変えるコントロール、
旋回ブレーキでの微妙な操作がしやすく
また、競い合いのフルブレーキング時でも多少の無理が利き
仮にロックさせた場合でもリカバリー性が高い事が特徴です。

サーキット専用品としての
高温・高負荷状態での使用に対して
熱の影響による性能面の低下はほぼ抑えられています。

また、摩擦材剥離などに対する対策も
【HR1】と【HR2】は特別な成型技術により通常の物よりも
摩擦材部分とバックプレートの接着強度・焼付強度が高く
高温・高負荷での使用に対して
高い強度・耐久性で対応出来ます。
普通のサーキット対応品で過去によく剥離してしまった、
というハードな使用条件でしたら
是非一度お試し下さいませ。

【HR1】
ハイスチール(セミメタル)パッドにありがちな
強すぎるパッドの張り付き感による戻りの悪さ
(リリース性の悪さ)からくる操作性への影響を対策した
コントロール性重視のハイスチールパッドです。

ペダル踏み始めの初期反応~
ペダル奥での絶対領域まで
踏力に応じた効きが出せるモデルに
仕上げてあります。

ペダル奥での絶対制動力では
ハイスチールパッドならではの強力な効き性能を発揮し
国産ハイスチールパッド(サーキット専用品)の中では
中堅以上の効きの強さと最上位のコントロール性を
お約束致します。
サーキットメインの軽量車又は中量車と
とてもよくマッチします。
重量級車種での使用でも十分対応出来ます。

【HR2】
ペダル初期から奥までの全域で
【HR1】の効きを上回りますが【HR1】同様に
踏力に応じた効きが出せるモデルに なっています。

効きが最も強めのランクに位置する製品ですが
【HR1】同様にブレーキリリース性も含めた
コントロール面も十分に配慮して開発しています。
耐熱性・耐久性の面では【HR1】より優れています。

国産ハイスチールパッド(サーキット専用品)の中では
効き・耐熱性ともに上位ランクの性能を発揮し
コントロール性も含めた総合性能では
最上位ランクの製品といってもよい性能です。

【HR1】【HR2】共に
寒冷地での使用は制限されます。

ブレーキノイズ・ダストの発生につきましては
効き性能を最重視して材質設定している為
発生しやすい傾向となります。

また、最大温度については
当社ロースチール材の【HS4H】と比べて
同等の800℃又は850℃となっておりますが
こちらの【HR】シリーズの方が
ハイスチール材としての材質特性により
耐熱面においては優れており
実際の使用ではカタログ数値以上の差があります。
また、パッドの耐久性においても
こちらの方が優れています。

-----------------------------------------------------
■輸入車用
ブレーキパッド残量センサー付き車への対応について■

※当方の製品はパッド残量センサーに対して非対応となります。
輸入車に多くみられるブレーキパッド残量警告機能付車の場合
室内の警告灯が点灯してしまう事で
車検等の審査に影響がございますので基本的には適応外となります。


【センサー差込み式】
ポルシェ・BMW・ベンツ・FIAT(一部) など
残量センサーをブレーキパッドの切り欠き部分に差込み固定するタイプ。
センサー部分の脱着が可能ですので
当方の製品でパッド残量警告機能が生かせる車種もございますが
仕様の違いによる切り欠き部分の形状差により
センサーが付けられない場合もございます。
その場合にはセンサー部分を車両側の差し支えない位置に
半固定して頂く様な処置が必要です。
この場合、室内の残量警告灯は点きませんが
残量センサーとしての機能は働きません。

【センサー埋込み式】
VW・アウディ・アルファ・FIAT 他
残量センサー部分がブレーキパッドの摩擦材内に埋め込まれていて
センサーの脱着が出来ないタイプ。
当方の製品はセンサー埋込みタイプの設定はございませんので
車両側センサーのカプラー接続部分から先が外れた状態となり
室内のブレーキパッド残量警告灯が点灯してしまいます。
警告灯が点灯してしまうことにより、そのままでは
車検審査などに影響が発生し検査を受けられない可能性がございます。
警告灯を消すには別途処置が必要ですが
取付け店との打ち合わせが必要になります。

| 未分類 | 20:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サーキット用セミメタルパッド【HRシリーズ】10月新発売

サーキット専用のハイスチールブレーキパッド
【HR1】と【HR2】を10月初旬に新設定致します。

どちらも
当社【HS3】【HS4】【HS4H】を含めての
各社サーキット対応モデル※ロースチール材
よりも 効き・耐熱性 共に上をいく
ハイスチール材の材質構成です。

ハイスチールパッドにありがちな
食いつき感やリリース性の悪さを対策し
初期の効きを上げ過ぎずに
踏力に応じた効きが出せる
当社コンセプトの
コントロールパッドです。

| 未分類 | 20:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT